【営業部】
部長 米田将悟

Athleticに入社し10年という歳月が経ち、気付けば40歳手前です。
現在、営業部、部長になり部下をまとめている立場にありますが、入社当初は私も、もちろんみなさんと同じスタートでした。
今だからお話し出来ますが、入社の際のCEOとの面談で「不動産の多様性や、その流動性について来られるのか?」との問いに、 すかさず「ハイ!」と答えたものの、入社して、この仕事に触れてみて、初めてCEOの問いかけの意味と、その重さを理解できました。
今でも「営業のコツ」や「不動産とは」と聞かれたら明確に答えられないかもしれません。
お客様がなぜ私の話を聞いてくれたのか、なぜ成約に至ったのか、正解は一つではないのが営業なのだろうと思っています。
ただ私の性格からして“コツ”が分かってしまうとストイックになれないこともあるので、ひたすら一つの正解を見つけることに、これからも邁進していきたいと思います。
米田将悟
不動産という括りの中で1Rマンションは非常に戸数が多く、その所在地域は全国に広がっています。それだけ全国的で数も多く、取り掛かり易い不動産だということは、いくらでもチャンスがあるということです。
私の好きな言葉に『チャンスの神様には前髪しかない』という言葉があります。
行動を起こさないと何も起きる事はありません。
行動を起こす際に壁を感じたら、まず「迷っている時間があるなら全てを振り払ってやってみる!」そのくらいの気持ちで構いません、全力で、一緒にその壁にぶつかりましょう。 その壁を登るのではなく、壊すくらいの気持ちで!!
今2020年の東京オリンピックを控え、日本の不動産市況や、それを取り巻く環境の変化も加速度を増していると感じます。その時代の変化を感じ取りながら、その変化を畏れず、来るべき未来に向けて、 これからも共に手を取り合い会社を大きくしていければと思います。

米田将悟

【営業部】
部長代理 吉野友祐

こんにちは!!
私は平成元年生まれの、ゆとり営業マンです。
大学卒業後、新卒でAthleticに入社して、今8年目です。
入社当初、周りから「おまえは本当、ゆとりだな!」とか「だから平成生まれなんだよ!」と度々言われてきました。すごく悔しかったです。
社会的に“ゆとり世代”と称されてしまう事に私は納得が出来ず、その都度「見返してやろう!」という強い気持ちで仕事に励みました。
ただ、周りの営業マンと見比べて、頭が良いわけでもないし、口が達者な訳でもない事は自分でも認識していました。だから、周りの2倍・3倍の量と質で仕事することを心掛けました。
自分らしい営業を、お客様に選ばれる営業マンになれるよう常に考え、行動しました。
吉野友祐
「元気で頼もしい、気配りのできる営業マン」
これが私らしい営業だと思います。
Athleticには優秀な営業マンがたくさん居ます。
日々仕事をしながら刺激を貰い、自分もまだまだ未熟だなと感じます。
自分の成長を感じられるこの環境が大好きです。
“現状維持は後退である”
この言葉を胸に刻み、これからも突っ走ります。

吉野友祐

【営業部】
課長 髙橋未来

私がAthleticに入社して、8年が経ちました。              
入社当時、営業も不動産も未経験、仕事は出来ず、営業成績も上がらない・・・。
溜息ばかりの毎日でした。”僕はこの先どうなるんだろう・・・”と、頭を抱えていました。
そんな状況の中、当時仕事が出来ないなりに、3つの事を意識していました。
①結果を出せると信じる②仕事をやり続け、経験を蓄積する③結果を出せるまでやる。
、、、と書いてはみましたが、実際は『会社の仲間に支えられ、なんとか続けてこれた』というのが正直なところです。
たくさんのお客様、お取引先様と仕事をさせて頂き、会社のみんなと苦楽を共にする中で少しずつ、自分の営業が形作られました。
髙橋未来
ワンルームマンションの売買仲介の仕事は市況の変化がとても早いです。
現状にあぐらをかいて思考を停止すると、あっという間にスピードの早さについていけなくなります。
入社当時と同じ営業方法は今では通用しないですし、これから先も市況の流れを把握した上での提案営業が必要になってくるように思います。
そして、売主様から物件を預けて頂く、買主様の要望に合う物件を紹介させて頂く仲介は、お互いの信頼関係がないと成り立ちません。
これは、ずっと変わることのない事だと、信じています。
これから入社してくる皆様と、市況の変化や状況に対応しながら、お客様と信頼関係を築くという根本を忘れないよう、営業マンとして成長していきAthleticを盛り上げていきます。

髙橋未来

【契約管理部】
部長代理 福島武春

私は、契約管理部の仕事は、リスク管理の仕事だと思っています。売主様、買主様、司法書士や金融機関等、一取引で様々な人と接します。その人達の言動を見逃したり、言葉の意味を取り違えただけで 時には大きなトラブルに発展することもあります。
予見可能性という言葉がありますが、アンテナを張り廻らせて「こういう事態が起きるかもしれない」「起きた場合は、こうするのが最善の道だろう」という事を常に意識しています。問題を解決する 一番最善の方法は、“問題にならない様にする事”だと思っていますので。
しかし、それでもトラブルは起きるものです。
私がこの仕事でやりがいを感じる事の一つは、そういった問題のある案件を解決して無事に決済できた時です。
我々の仕事は、単に契約の書類を作っているばかりではありません。
営業が一生懸命纏めてくれた案件で最初にお客様にお会いするのが契約管理部という事が結構多いのです。初めて会った私たちに対するお客様の印象で、Athleticの会社のイメージも決まってしまう と言っても過言ではありません。
お客様も老若男女幅広いです。そういったお客様と話をするためには自分の話の引出しを常に広げていく必要があります。テレビ、新聞、インターネット等、情報のアンテナも張っていなくてはなりません。 もちろん、お客様と会うときは契約書類を持って行きますので取引の話しがメインになりますが、その合間の雑談などを通じて、お客様のことをよく知ろうとし、人間関係を作ることもこの仕事の大切な 要素であり、また、営業的な側面を合わせ持っているともいえます。実際、前職までに営業職を経験しているメンバーは沢山います。
以前に担当したお客様から私宛てに別物件の売却依頼の連絡があったり、新規の案件で以前担当したお客様が自分を指名してくれると嬉しいものです。これもやりがいですね。
福島武春
こんな事ばかりをお伝えすると、何だか大変な仕事だと思う方もいるかもしれませんね?
そんな事はありません。もちろん、仕事なので簡単ではありませんが…
お伝えしたいのは上に書いたような意識は、私のこの仕事に対するポリシーであって、最終的に案件を決済するという目的は同じでも、仕事に対する意識やアプローチは違うメンバーが結構います。
もっと言えばAthleticという会社全体が、様々なタイプの人間を許容する風土があり、形に捉われない、一つに凝り固まらない社風なのです。
これがAthleticの魅力だと思っています。

福島武春